採用条件を知る

事務職の転職活動をしている人にとって、知っておくべき情報をいくつか紹介します。事務職の採用においては、マルチタスク能力があるかどうかが採用の決め手であるとする企業が現在は珍しくありません。マルチタスク能力というのは、複数の業務を同時にやりながら、どのくらいの仕事量をできるかという能力です。特に、これは大手企業というよりも中小企業において求められる能力です。その理由は、中小企業においては、いろいろな業務をする必要があるからです。この能力の重要な要素としては「効率化」と「切り替え」と「集中力」の三つが最も大切です。ここで重要なのは単に仕事ができるだけではいけません。円滑に業務をこなすことを可能にするヒューマンスキルが大事です。

事務職の転職市場において、求人数の数は営業職と比べても遜色がないほど多いです。それでは、なぜこれほど求人数が多いのかというと、応募してくる人が多いからです。スキルアップややりがいを求めて転職する人はもちろん、待遇や給与の改善を求める人も多いでしょう。しかしながら、最も多い理由はワークライフバランスが取れることを求めて応募する人が多いのです。これが人気の理由です。実際に、求人数が一番多いのは営業事務職です。営業事務職は平均年収は約280万円と他の職種に比べると低いです。しかしながら、その分、ワークライフバランスがしっかりと取ることができます。ちなみに、近年はベンチャー企業や中小企業を中心に経理の求人が非常に伸びています。転職活動をしている人は、こうした情報もきちんと把握して行いましょう。